会社沿革

沿革

明治40年
和歌山県和歌山市新通り七丁目13番地にて
谷為寮太郎が谷為兄弟商会、染料・薬種業を開店
大正3年
大阪本町にて染料薬種商を営む
昭和4年
和歌山市に谷為忠三郎が谷為忠工業所を設立
タンニン酸エキスの製造を開始
昭和20年
戦火により工場全焼
昭和22年
工場再建とともに谷為義継が継承し富士化学工業所と改称
昭和25年
現在地に移転、組織を株式会社に変更し
富士化学工業株式会社と改称
昭和33年
日本薬局方タンニン酸の製造販売
昭和36年
東京出張所を開設
昭和38年
ナイロン用固着剤の製造販売
昭和40年
岩手県に東北工場を開設しアルギン酸ソーダの製造販売
昭和49年
天然甘味料の販売
昭和51年
没食子酸の製造販売
昭和55年
タンニン酸新工場完成
平成元年
タンニン酸工場増設
平成8年
東北工場閉鎖
谷為義継 会長に就任
谷為正太郎 代表取締役に就任
平成11年
資本金を2,000万円に増資
平成14年
生コーヒー豆抽出物製造販売
平成16年
A飼料配合工場完成
平成17年
資本金を3,000万円に増資
平成19年
第二スプレードライ工場完成
平成25年
東京出張所を東京営業所として移転
没食子酸プロピル工場を改装
平成29年
谷為正太郎 会長に就任
宇治田雄一郎 代表取締役に就任
富士化学工業株式会社
 
【本社・本社工場】
〒640-8392
和歌山県和歌山市中之島1570番地
TEL.073-423-1247
FAX.073-431-3005

【東京営業所】
〒103-0012
東京都中央区日本橋堀留町1-10-15
TEL.03-6231-1192
FAX.03-6231-1191

食品添加物、健康食品、飼料、
飼料添加物の製造及び販売
並びに受託加工